原因と対策

髪をダメにする原因

間違ったケアが髪と頭皮をダメにする

髪と頭皮にダメージを与えてしまうヘアケア製品はたくさんあります。ヘアケア製品と言っておきながら、逆にダメージを与えてしまうのでは意味がありません。
ダメージを与えるものの代表として、ヘアカラーがあります。化学薬品を使い髪のキューティクルを広げて、さらに化学薬品から作ったカラーを髪の中に入れ込むわけですから、ダメージがないという方がおかしな話です。
しかし最近では髪のまわりにカラーをコーティングするマニキュアタイプのヘアカラーも多数出てきています。
比較的安心して使える植物成分を使ったものは、以前だとヘナくらいしかありませんでしたが、安心というキーワードを元に作られたものが増えてきました。
その中でも代表的なのが、利尻ヘアカラートリートメントではないでしょうか。
商品名にあるように北海道の利尻産の昆布エキスを取り入れ、植物由来の染料と、保湿成分を使って作られたこのヘアカラーは、発売開始以来530万本以上売れている人気商品になっています。
その後からさらに改良を加えて、使いやすく、髪を美しく染められるヘアカラーとしてイマージュからlplp(ルプルプ)が発売されました。
こちらの商品は北海道函館沖でとれるガゴメ昆布の成分を使って作られています。開発はフコイダンの研究で世界的特許を取得しているタカラバイオが担当しています。イマージュの女性目線の美しさと使いやすさの提案とタカラバイオの技術から生まれた、安心して使える画期的な無添加白髪染めヘアカラーです。

 

髪と頭皮を甦らせる対策は

髪を染めない方にとって髪と頭皮をいたわるために大切になってくるのが、シャンプーです。
毎日の洗髪に使うシャンプーが髪と頭皮にダメージを与える可能性のある成分を使っていたとしたら、健康な髪は育ちそうにありませんよね。
シャンプー選びで大切なのは、配合されている洗浄成分の洗浄力が強すぎないこと。そして香料など、本来髪と頭皮を清潔にするためには必要の無い成分に何をつかっているかということです。
本当は香料が入っていないものが理想的ですが、女性の場合、やはり香りもおしゃれの必須アイテムになりますから、入っていないのではなく、安全な成分から作られているかどうかをチェックするといいですよ。
洗浄成分は石油系や石鹸系ではなく、アミノ酸系が理想。アミノ酸系の洗浄成分は、髪と頭皮に近い成分ですから、汚れはしっかり落としても髪と頭皮にダメージを与える危険性が少ないです。
アミノ酸シャンプーも最近はたくさん販売されてきましたが、最近の注目アミノ酸シャンプーにINZシャンプーがあります。
ゼインというトウモロコシ由来の新しい成分を使うことによって、髪にハリとコシを与え、しっかり洗えますから、これ1本で育毛も頭皮ケアも期待できる優れものなのです。
髪はいつの季節でも、さまざまな環境に直接さらされています。
毎日のちょっとしたお手入れ用品の選び方で、髪の状態も変わり、お悩みも解消されやすくなるでしょう。

薄毛・抜け毛の原因と対策記事一覧

女性の抜け毛の原因と対策|ホルモンバランスを整えて抜け毛を減らす

女性の抜け毛が増える原因は、加齢や出産、仕事や人間関係などのストレス、日常の生活習慣や偏った食生活などによって、ホルモンバランスが乱れることや、パーマや縮毛矯正、ヘアカラーなどの化学薬品によるものや、ポニーテールのようなヘアスタイルによって長時間毛根に引っ張る力をかける機械的なことです。化学薬品によ...

≫続きを読む